遊女は女性憧れの存在

遊女とは

「ゆうじょ」または「あそびめ」と読み、”遊郭(ゆうかく)”と呼ばれる周囲を塀で囲った区間、いわば風俗街で男性に性的サービスを行っていた女性のことを指します。
遊郭の名残が残っているのが最大の遊郭地を誇った吉原!吉原はソープ街で有名ですよね?
遊郭を利用する男性は料金を支払いお目当ての遊女と遊びます。
性的サービスを受けるには数回通わなくてはならない決まりがあったようで、誰でも行けばサービスを受けれるというワケではなかったのです。
時代の流れと共に遊女の呼称は変化しますが、“遊女”という呼称で使われていたのは平安時代以降です。

また、遊郭で働いている遊女にはランクがありました。
最高位の遊女を“太夫(だゆう)”と呼び遊女界のトップ。数千人もいる遊女の中でも選ばれし女性のみが太夫と呼ばれていましたがその人数はわずか数人。
太夫と遊ぶには数百万単位の高額な料金が必要で、利用するお客さんもまたお金持ちなど選ばれし男性のみでした。
その太夫に準ずるのが”格子(こうし)”
以下を”散茶女郎(さんちゃじょろう)”、”座敷持(ざしきもち)”などと続いていきます。

遊女の最高位であった太夫や格子などは時代の流れと共に姿を消し江戸時代の宝暦にはついに0人
代わりに格子の下の地位であった散茶が高級遊女となりました。

ちなみに・・・よく聞く”花魁(おいらん)”ですが花魁も遊女を指します。
ただ遊女は太夫や格子が姿を消した宝暦以降に使われ、散茶などを含めた高級遊女を総称し花魁と呼ばれていました。
なので正確にいえば全ての遊女を花魁というワケではなく宝暦以降の遊女を花魁と指すようです。

元祖風俗嬢

その遊女は現代の風俗・風俗嬢の由来であることは皆さんご存知だと思います。
今の日本は風俗嬢に偏見を持つ方が多く、口には出さなくても相手を見下してしまったり距離を置いてしまう方がまだまだいらっしゃいます。その偏見を持つ方の大半が女性
男性が性的サービスを求めるお店に働いている同性同士として当然の考えだと思います。

ですがその風俗嬢の元祖である遊女は一般の女性の憧れの存在だったというのです!
男性に身を売る女性である遊女がなぜ憧れのまとだったのでしょう・・・

遊女の地位

遊女の多くは親の借金のために遊郭に売られた女性でした。
遊女は性的サービスを行う女性だという認識はなく
それより親のために遊女として働いている「親孝行者」という認識の方が大きかったと言われています。
今の言葉で言うと「借金のために子供を売った」ですがそうではなく「親のために遊女になった子供」だったんです。
現代との最大の違い、それは体を売ることに対しての罪悪感の有無が関係していました。
遊女で遊ぶことそれが男性のステータスであり、遊女として働くことそれが女性の家族に対しての愛情表現だったのです。

また、遊女のなかでも男性も含め女性からも絶大な人気を誇っていたのが先ほどご説明した遊女最高峰の”太夫”
太夫と呼ばれるためには美しさはもちろん、知性や礼儀作法、三味線などの芸事にも優れてていなくてはなりません。さらに男性をもてなすテクニックも必要です。
いわば非の打ちどころのない完璧な女性だけが太夫になることができたということ
世間にも認められ、お金持ちの男性が太夫と遊ぶために大金を支払う、親の為に一生を捧げるそんな遊女に憧れるのは当然ではないでしょうか

さらに太夫が及ぼす影響は大きく、太夫が身に付ける物や格好、化粧、髪型などさまざまな流行を生み世間に広まりました。
遊郭に入ることのできない人は浮世絵や遊女番付と呼ばれる遊女を紹介した書物で情報を仕入れるしか術はなく雲の上の存在『アイドル』として扱ったのです。

現代の風俗

替わって現代の遊女、風俗嬢はどうでしょう。
今さまざまなジャンルの風俗店がオープンし20人に1人は風俗経験者と言われています。
一昔前と比べると女性が働きやすいお店が増えているというのもありますが、風俗に対する偏見が減っているようにも感じられます。

盛りに盛った髪につけまつげバッチリのメイクが流行したときはなりたい職業の上位に「キャバクラ嬢」がランクインしたこともあったように風俗嬢に対する考えが変化しより身近になる可能性もあり得るのではないでしょうか。

女性であることに喜びを感じ、一生を男性や家族に捧げた遊女
そんな遊女に貴方は憧れを抱きますか?

MENU

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。

カテゴリー

最新記事